このページの先頭です

PlayGirl

インタビュー

ラブボート

初体験で開花した爆乳変態姫! 中途半端は嫌! 極限を見たい、見せたい、味わい尽くしたい…、100パーセントを越えたいの♪

常に非日常な快感を求めながら性活しているという美女、かおりさん。前職が看護師とAV女優だったとのことで、もうこの時点で期待度MAXです! そして、そんな、かおりさんの行き着いた場所がアブノーマル店。日々行わる濃厚変態プレイ。もう全てが必然。かおりさんがが選んだ最高のイキ場所で、今まで実現できなかったあなたの欲望や願望を叶えてくれるはずですよ!

【使って欲しい4つのエロアイテム・ハメ撮りのAV好き】

【初体験からアブノーマルプレイ・典型的なSM嬢の成り方】

【お客さんの性癖に合わせた自分の性癖・飽きさせない無限のエロの引き出し】

【美容と興奮をかねた精○パック・お互いに100パーセントを超えたい】


【使って欲しい4つのエロアイテム・ハメ撮りのAV好き】

置いてある4つのアイテムが気になるわ~。
「う~ん…、あはは。そこのオモチャたちですね?」
うんうん。これはかおりさんからの何かしらのメッセージ?
「あはは。やっぱり使っていただきたくて出してるんですけど…」
お~! じゃあ、紹介を?
「これ、右から順に、電マ、バイブ、ローター、手足枷です」
あはは。手足枷ってことは足も?
「足もいけますね」
すごいな~。M気質なのかと思っちゃうわ~。
「どっちでもいけます。うふふ」
ほうほう。じゃあ、お客さんがするのもありと?
「全然大丈夫です」
なるほど~。そういうプレイが好きと?
「はい。好きですね。でも、けっこう普通だと思ってます。うふふ」
あはは。普通ではないと思うけどね~。ソープに来る前から好きだったと?
「はい。私の中でごく普通。日常行為でした。うふふ」
すごいな~。じゃあ、エロとの出逢いやエロとの遭遇はいつ頃?
「エロとの遭遇ですか? え~、考えたことない…。たぶん産まれたときからだと思います。気付いたらAV観てましたし。うふふ」
ほうほう。AV鑑賞はいつ頃から?
「中学生から観てましたね」
あはは。すごいな~。ちなみに、小学生の頃は?
「小学生の頃は、勉強机の角っこにクリを当てながらこすり付けてました。ただそのときはまだ性的快感っていうのは知らなかったです。でも、ちょっと気持ち良いみたいな。ちょっと癖になる気持ち良さって言うか。うふふ」
お~! エロいな~。で、そこからAVを観るようになったと?
「はい。気付いたら観てましたね」
誰のを観ていたの?
「誰の観てたんだろう…? もう誰でも。ハメ撮りが好きでした。うふふ」
あはは。女優ではなくて持ち主の方は?
「あっ、持ち主ですか? 持ち主は、パソコンからだから誰のでもないです。たぶんどこかをクリックしたらパッと出て来た感じで。中学校の頃には、もうそういうのに興味があったんだと思います」
お~! すごいな~。小学生でクリ、中学生でAVと?
「はい。角にあてるのは中学では卒業して指になってましたね。まだバイブには届いてなかったですが。うふふ」
あはは。1人エ○チに芽生えていたと?
「中学生の頃には1人エ○チしてましたね。なぜか選挙カーで演説してるのを聴きながら家で1人エ○チしてた記憶があります。うふふ」
あはは。1票ではなく1本指入れみたいな?
「あはは。選挙カーが走っている日中から1人エ○チしてたということですね」
あはは。なるほどね~。じゃあ、中学校の頃は1人エ○三昧だったと?
「はい。頻度高めでした。それこそ毎日とか。1人エ○チオで起きて、1人エ○チで眠るみたいな感じです。うふふ」
あはは。すごいな~。ちなみに、1人エ○チでイッていたの?
「その頃はまだ覚えてなかったですね。何かその先に行くと死んじゃいそうな気がしました。この先どうなるんだろう…? って。うふふ」
あはは。なるほどね~。
「何か頭おかしくなりそうですね。今でもそんな感じです。失神しかけます。うふふ」
お~! イキ方が激しいのかな?
「お客さんには、『呼吸止まってるよ!』って言われます。無呼吸症候群とは違うと思うんですけど、何か吸うの忘れちゃうんでしょうね、きっと」
お~っ! すごい! じゃあ、高校生の頃は?
「高校生の頃は、初体験が遅かったんでまだ1人エ○チ生活でしたね。あとシャワー使い始めました。うふふ」
あはは。1人エ○チのあるあるだね~。
「うふふ。意外と盲点でした。シャワーより前に電動歯ブラシはあったんですが…」
あはは。なるほど~。
「電動歯ブラシのブラシじゃなくて、持つほうを使いましたね。うふふ。ブラシはいくら球体でも痛いですから」
あはは。確かに。
「ただ、柄のほうは当てたらどうなるんだろう? と興味が沸いて」
ほうほう。どうだった?
「MYエロ歴史史上、最高に気持ち良かったですね。まぁ、ある程度予測できてましたけど。うふふ」
あはは。すごいな~。
「こっそり柄の部分だけ取り外して、以後それ用の道具にしましたね。うふふ」
あはは。
「あっ、その頃、AVにも出逢いましたね。ハメ撮りや盗撮などのアングルものが好きでした。ただ私は、結合部のアングルより、上から派でしたね。正○位での男性の腰の動きを上から観るのに興奮してましたね。うふふ」

【初体験からアブノーマルプレイ・典型的なSM嬢の成り方】トップに戻る

エ○チをしたい願望はいつ頃からあったの? 
「それは、それこそ中学生の頃からありました。だけど女子校だったので、初体験は19歳の頃と遅かったんです」
ほうほう。相手は?
「お兄ちゃんの友達です。ちょっと鬼畜な感じの人だったんですけど。うふふ」
へ~。好きだったのと?
「いや、恋人としてではなく、雄としてですね。うふふ」
あはは。性的なものとして?
「もともと私の中にMっていうのがあったのか、何かちょっと鬼畜な言動を聴くとゾワゾワってしてたんです」
ほう。鬼畜な言動? 
「けっこうけなされたりとかしてましたね。うふふ」
へ~。それがどうエ○チに発展したの?
「よく一緒にドライブとか行くようになって、夜いきなり呼び出されたと思ったら、どこかのスーパーの駐車場に車止めてしたりしました。でも最初はフ○ラでしたね。エ○チは2回目からで。うふふ」
ほうほう。1回目は失敗したの?
「いや、挿○に失敗したとかではなくて、『フ○ラがすっごい下手くそ!』とか『上手くない!』『気持ち良くない!』とか散々けなされて、イラ○チオで終わったんです。うふふ」
お~! すごいな~! エ○チはまだ早いと?
「そう。それで、私負けず嫌いで闘争心に火が点いて、AV観て練習しましたね」
いいね~。M気質だからスパルタ式がよかったのかもね~。
「かもしれないですね。今思えば、そこまで見越してくれてたのかも。ただそのときは頭グッと抑えられて、喉の奥までオチ○チンが入って来るし、イクどころか息できないし、フ○ラってこんなに苦しいのかぁ~、これは訓練が必要だなぁ~って思いましたね。うふふ」
お~! 彼の思惑通りだったと。
「でも、出されたら出されたで、ティッシュ~と思ったら、ティッシュ取り上げられて、『飲め!』って言われるし。最初がそれだから、あっ、フ○ラってこういうもんなんだぁ~って思ったんですよね」
すごいな~。フ○ラでそれなら、その先が恐くなかった?
「それがちょっと苦しいながらも頑張った自分に感慨を得てました。なので、先が思いやられるっていうのはなかったですね」
お~! すごい!
「そこで嫌だとは思わなかったです。2度目は2度目で、『泡と一緒に飲め!』『俺に酔え!』って、ビールフ○ラをさせられたんですけどね。うふふ」
あはは。ビールフ○ラってまたすごいな~。ノーマルな初体験ではなかったと。
「今思えばですけどね。うふふ」
うんうん。じゃあ、エ○チ自体はどうだったの?
「エ○チ自体は、それは端的ですよ。一方的な感じでした。でも、むしろそれがちょっと嫌いじゃない自分がいて…」
お~! そして今ではどんなエ○チが好きになったの?
「それがいまだにわかんないんですよね。自分ではやることはやるじゃないですけど、普通だと思ってるんですけど、お客さんにはそうは思われないと言うか。気付いてないんですよね、自分でも。ただ、イラ○チオは当たり前、ごっくん、顔○は当たり前、浴尿もいける。なので、けっこう激しいのが好きなんでしょうね。基本、濃厚なのが好きなんだと思います」
すごいな~!
「風俗初めてしばらくの間のお店はMが売りだったから、Sのお客さんしか来なかったんです。それが、違うお店に移った瞬間、写真写りのせいなのか今度はMのお客さんしか来なくなって…。だからそのとき、フ○ラ以外の攻めっていうのがよくわからなかったんですよね。ただ、そこから目覚めてドSにもなれたんです。うふふ」
お~! 攻めの喜びも感じたと?
「感じました。目覚めたって言うか。うふふ」
あはは。典型的なSM嬢の成り方だね~。まずはMからと。
「あっ、そうなんですねぇ~。うふふ」

【お客さんの性癖に合わせた自分の性癖・飽きさせない無限のエロの引き出し】トップに戻る

攻めの喜びとは?
「叫んでるときとか、欲情する瞬間って目が変わるんですよ。そうなった人が襲って来るの倒してアエがせるのが楽しくてしょうがないです。うふふ。もう、『はっ、わーっ!』って言って来るのを交わすのが。向こうは入れたいわけなんですけど、それをスルーしてアエがせるのがなんとも言えない喜びなんです」
お~! すごいな~! じゃあ、今も攻め受け両方楽しめていると?
「楽しめてますね。自分でもたまに思うのは、すごい究極のドMまで行ったからこそ、どういう触られ方とか、どういうジラされ方されたら気持ち良いっていうのがわかってるからSやっててもわかるって言うか、ここでやらないと『う~っ!』ってなるのがわかるぞっていうのありますね」
なるほどね~。じゃあ、究極のジラしみたいなことも?
「やってます。なので50分くらいオチ○チン触らないとかもあります。て言うか、気付いたら50分たってたっていうのがありますね。お客さんはMだったので、ビンビンに勃ったまま。そういうときは、オチ○チン以外の別のところや周辺事項を重点的に攻略してます。うふふ」
すごいな~。性癖に合った対応ができるんだろうね?
「はい。ここだと、お店のコンセプトがお客さんがしたいことをするって言うか、どちらかと言うとお客さんがSで女の子がMっていう感じじゃないですか。だから最初はあんまり攻めを出さないようなにしてます。うふふ」
なるほど~。まずは受けに回ると?
「受けて、何回か目か最後の最後でめちゃくちゃSを出します。うふふ。120分の内3回だったら、3回目とかに攻めます。好きそうだなっていうのが、1回目、2回目でなんとなくわかったら出しますね」
うんうん。お客さんの反応を見ながらね。
「そう。以前看護師をやってたから、人の観察、分析はすごい得意で、あっ、この人ここ好きだとか、絶対Mだ、ほんとはっていうのがわかるんですよ」
なるほど~。でも、このお店は受け好きのお客さんは少ないでしょ?
「少ないですけど、こないだ最後の最後で、『今度は120分間全部受けでいいや!』って言うお客さんがいましたね。うふふ」
お~! かおりさんからの攻めを受けてと?
「そう。だけどそこでは全てを出してないですけどね。うふふ」
あはは。まだまだ引き出しは多いと。いいね~。
「私は毎回変えて行くんです。本指のお客さんとかにも毎回全部変えて行って、同じのは絶対やらないようにしてます」
お~! 素晴らしいね~。
「だって、つまらなくないですか? 毎回毎回同じエ○チだと。うふふ」
なるほどね~。
「お客さんも、『えっ、こんなこともできるの!?』『うっ、こないだより!?』みたいなほうがいいかなと。だから本指のお客さんは、『毎回毎回気持ち良さを超えて行くよ!』とか『やったことがないプレイが多いよね!』って言ってくれてますね」
いいね~。
「今でも増やしています。お客さんがどういうAVが好きかとか聞きいて、例えば『こういうAVが好きなんだよね~!』って言われたら、そのAV に近しいプレイをしたりして増やして行きますね。フ○ラ1つとっても、見せ方とか音の出し方とか、お客さんの好みは無限にありますから。あと私はAV女優もやってたことがあるので、見せ方、見られ方もかなり意識してます。うふふ」

【美容と興奮をかねた精○パック・お互いに100パーセントを超えたい】トップに戻る

見られたい願望はある?
「私自体ちょっと変態なところがあって、お客さんがオシッコしてたら自分からかけてもらいに行くって言うか。あと精○ならパックみたいに塗りたくなっちゃうんです。うふふ」
え~っ!? 顔に塗るの!?
「顔に。美容もかねて。でも興奮もあるんですよね。うふふ」
すごいな~! ちなみに、打撃系はどう?
「もちろん限度はありますけど、ありはありです。あと酔っぱらうと、噛みも好きです。まぁ、お店では酔っぱらえないですけど。うふふ」
お~! すごいな~。
「何かたぶんスイッチが入るんですよね。縛られるのも好きですし。足枷もあるし、ロープとかだったら亀甲縛りもされたいです。何か興奮しません? 見られるのが。うふふ」
お~! 晒している自分に興奮と?
「なんなんだろう…? たぶんそうなのかなぁ~?」
あはは。じゃあ、鏡張りだったらものすごいことになっているかもね~。
「興奮しますねぇ~。あっ、わかった! なんで私こんなことされて感じてるんだろうっていうことに興奮を感じる。何か非日常じゃないですか。それこそ私が言ってること全部が。たぶんそれが好きなんでしょうね。うふふ」
なるほど~。非日常感ね~。じゃあ、どんどん2人でそれに向かって行く感じと?
「あっ、なんか受け身になるお客さんもそうなんですけど、私、お互いスイッチが入らない限り本領発揮できないんですよ」
ほうほう。お客さんにスイッチが入ったら、自分もスイッチオンと?
「そう。入る。入れる。だけどMのお客さんは基本受け身じゃないですか。なのでスイッチ入んなかったら不完全燃焼に終わっちゃうんです。なんか全然発揮できない。もうMのお客さんも、受け身好きのお客さんも、頭おかしいんじゃないかってくらいおかしくなってもらったほうが私も興奮します。うふふ」
すごいな~。でも、お客さんのスイッチの入り具合はどこで判断するの?
「筋肉の動きとかですね。スピードとか動き方とか、どこまでいけるかとか。顔や声に出ないお客さんは、足の筋肉の張りや反りでわかります。でも個人的にはやっぱり、叫んで頭おかしくなるくらい表に出してくれるほうが好き。うふふ。そっちのほうがやっぱり乗れます」
お~っ! その判断はすごいな~。じゃあ、反応がなくても、そこまでもって行くことも?
「あります。それも喜びを感じますね。どんどん変わっ来る姿にゾクゾクします」
いいね~。ちなみに、受け身のときも同じく?
「そう。カラダが脳みそに合わせて快感になって行く。そこまで行けばもうなんでもありになっちゃいますね。うふふ」
お~! なんでもありと。すごいな~。だからこそアイテムもあると。じゃあ、持込みもあり?
「全然お持ちして欲しい。むしろ何買っていいかわからないのでありがたいです」
なるほどね~。もう、お客さんの喜ぶことなら全部やりたいみたいな感じだね~。
「はい。たぶん奉仕精神に溢れてるんだと思います。だって看護師なんてご奉仕精神ないとできないですよ。うふふ。あとは、『乗ったら豹変するね~!』って言われますね」
なるほどね~。じゃあ、豹変したときを俯瞰で見たとしたらどんな感じだと思う?
「もう見た目とか綺麗さとかを気にしてる感じではないと思います。ヨダレダラダラになっていて、快感を追っかけてると言うか、自分の顔とか気にしてられないくらいなってますね。うふふ」
すごいな~。無我夢中と。ちなみに、イクことについてはどう?
「今は歯止めかけてないです。息するのも忘れてイキまくることも…。たまに『救急車呼ぼっか~?』って言われることあります。うふふ」
お~! ノンストップと。
「行き着く果てまでイッちゃいたいと言うか、中途半端が嫌なんです。0か100かが好きですね。なので、70、80くらいのお客さんは、100出しちゃえばいいのにぃ~って思うんですよね。あはは」
あはは。いいね~。じゃあ、かおりさんが背中を押してあげないと。
「どうやってやってるのかわかんないけど、自然に押してます。たぶん、この人はこういう人でこういう路線なんだろうなぁ~って観察して。例えば、ケンコバさんは乳首好きそうっていうのあったりするじゃないですか」
あはは。なるほど~。
「新しい自分を見付けて帰ってくれたら、すごく嬉しいです。うふふ」

【使って欲しい4つのエロアイテム・ハメ撮りのAV好き】

【初体験からアブノーマルプレイ・典型的なSM嬢の成り方】

【お客さんの性癖に合わせた自分の性癖・飽きさせない無限のエロの引き出し】

【美容と興奮をかねた精○パック・お互いに100パーセントを超えたい】

お客さんにメッセージを。
「よくよく考えると最初はみんな普通な感じなんですけど、徐々に心の壁が崩れ、癖全開になるんです。普段じゃ見せられないあなたの本当の姿を見たいです♪」

[取材後記]
いや~、さすがアブノーマル店なのか!? かおりさんなのか!? 本当にすごかったです! とにかく、かおりさんとなら今までに体験したことのない未知の性界が開けるはず!? 宿命の相手と出会え、果たし合える、そんな喜びをぜひこの機会に…、と言いたいところですが、実はかおりさん、Iカップの持ち主! インタビューでは、お腹いっぱいになってしまい、爆乳についてはもういいのでは状態になってしまったことをご了承ください。[PLAYGIRL/ゴルゴ十三ーJuso Golgoー]

店舗一覧

  • 吉原エコノミー
  • 吉原スタンダード
  • 吉原エグゼクティブ
  • その他の地域