このページの先頭です

PlayGirl

インタビュー

クラブ華

エロとは無縁だった元予備校講師! とにかくエ○チ上手になりたい一心からのやる気と努力! 脳内革命で満点接客を目指しています!

エ○チな知識があまりないままソープの世界に飛び込んだという、あやめさん。なんとプライベートでの経験人数は2人! そして、よき師匠との出逢いや努力を重ね、気が付けばエロの本職に…。プレイ前、エ○チなカウンセリングや事前会議を行い、お客さんの脳内をエロエロにさせ、爆発的なエロパフォーマンスの発揮へと導いてくれるらしいですよ!

【エロとは無縁だった元予備校講師がソープの世界へ】

【何度も挑戦した初体験・とにかくエ○チが上手になりたい一心】

【福原から吉原・脳が感じるプレイで満点接客】

【エロの脳内革命・キス=エ○チ】


【エロとは無縁だった元予備校講師がソープの世界へ】

お店の人が、『当店イチ押しの子』って言っていたよ。
「え~、そうなんですかぁ~! 私、取材とかインタビューされるの初めてなので、サイトを見て予習して来たんですよ。うふふ。宜しくお願いします」
お~! 予習とはありがたいね~。もしかして子供の頃から勉強熱心だった?
「そうですね。学校ではずっと勉強してた感じですね。なので、エ○チなことには全然疎くて、ソープランドっていう業界があることも知らなっかたんです」
ほうほう。
「風俗との出逢いも初めてがソープランドで、今もソープ以外は経験ないですね」
なるほどね~。じゃあ、前職は何を?
「予備校の講師やってました」
お~! なるほどね~。予習と繋がったわ~。
「あはは。そうですね。生徒さんとともに予習に励んでました」
あはは。なるほど~。
「あっ、夏期講習とか冬期講習とかがあるじゃないですか。それの教材展っいうのに同僚と一緒に行く途中、風俗の求人誌を配ってたんですよ。うふふ」
あはは。
「そのときに同僚が、『なんだ風俗か…』って求人誌を捨てた一方、なぜか私は鞄にパッて入れたんですね。で、自宅に持ち帰り熟読したんですけど、月給も書いてないし、仕事内容も全く書いてないしで…」
あはは。なるほど~。
「それからすぐパソコンで調べて、ようやくこういう業界のことを知ったんですよ。うふふ」
なるほどね~。
「そのときは、ほんと驚きましたね。平成のこの世に表切ってこうやってお仕事やってられるって本当に知らなくて…。昔は色街があったり、遊郭があったりは知ってたんですけどね」
うんうん。歴史の本にも載っているしね。
「そうなんです。それが今のこの時代に、それも朝から堂々やってるってことに逆に興味が湧いたんです」
あはは。予習の成果が出ているね~。
「あはは。それでそのとき、経済的に困ってるとか、当時の会社への不満とか何もなかったんですけど、有給休暇を使って面接に行くという行動に出てしまいました。うふふ」
あはは。今までの勉強はなんだったってね。
「進学に夢中になって、大学まで行ったんですけどね。あはは」
勉強ばかりでエロに対する欲求が溜まっていたとか?
「いえ。むしろエロに気付いてなかったほうです。だから初めてエ○チしたのも21歳くらいのときでした。ソープに入るまで経験人数も2人の男の人だけだったんですよ。それくらい何も知らない状態でしたね」
お~! それがいきなり…。
「福原ですからね」
ほうほう。福原ね~。
「そうなんです。兵庫出身なんです」
だからなのか丁寧だけどノリがいいし親しみやすいよね。
「あはは。ありがとうございます」
で、ソープの世界はどうだった?
「いや。もう何も知らない状態だったんで、最初お仕事を教わったときも、『エ○チ、したことあんの?』ってお姉さん達に言われました。あはは」
なるほどね~。
「そこまで無知でした。だから、最初は全然人気がなくて、お金払って再度お姉さん達に教わったりしてましたね」
お~! 偉いな~。補習と。
「自分の置かれている状況が全く分からず、無我夢中で泳いでるようでしたね。自分からソープの世界に飛び込んでおいてなんですけどね」
なるほどね~。ほかの風俗も全く知らなかったくらいだもんね~。
「はい。出逢いの発端が福原のソープ専門求人誌だったので、ほかの知識が入ってくる隙間はゼロでしたね。うふふ」
すごいな~。よく飛び込んだよね~。不安はなかった?
「もう興味のほうが勝ってました。やってみてだめだったら辞めようって思ってました。不安とかよりも、どんな人達が働いてるのかなぁ~とか、どんな感じなのかなぁ~と思って。うふふ」

【何度も挑戦した初体験・とにかくエ○チが上手になりたい一心】トップに戻る

初体験は21歳のときだったと?
「大学のときですね。その頃、お蕎麦屋さんでバイトしてて、そこでお蕎麦打ってる職人みたいな先輩とエ○チな関係になりました。それが初めてだったので、高校生のときとかキスとかしたことなかったんです、1回も」
へ~。初恋は?
「なかったですね。こんなこと言うとちょっと様子がおかしいと思われるかもしれないですけど、ほんとなんです。あはは」
なるほどね~。じゃあ、部活に入っていたことは?
「部活は、小学校のとき水泳やってました。でも、あとはずっと勉強でしたね。特別真面目だったとは思わないんですけど、なんて言うかハマってたって感じです」
なるほど~。でも、小学生の頃の水泳ならそこまでエロに目覚めないかもね~。1人エ○チは?
「その頃はもちろん全然ですね。大人になってから知って、それからは弾けましたが…。あはは」
あはは。弾けたと。いいね~。じゃあ、それまでは何か使命にかられてたとか?
「かもですね。もう学校に行って、図書館で勉強して、テストでより高得点獲るってことにハマってました。使命っていうほどではないけど、その頃は目標として公務員目指してました」
お~! ちなみに、趣味はなかったの?
「あっ、趣味はありました。親が食器を買うのが好きで、私も影響されたのか食器集めが趣味でしたね。お蕎麦屋でバイトして貯めたお金で食器を買ってました。コーヒーや紅茶とかのティーカップ&ソーサーで、それが1番好きで、あとはガラスの食器とかも集めてました。バイトして、そのバイト代が月4万くらいなんですけど、ティーカップ&ソーサーもちょうと4万円くらいで、バイト代入ったら、あっ、買えたぁ~みたいな。あはは」
なるほどね~。
「もう1回18歳くらいから人生やり直したいくらいですね。そうしたらピンクサロンから始めてるかも。現実には普通にスーツ着て福原に面接行きましたからね。ほんと遅咲きでした。うふふ」
あはは。スーツ着て面接って真面目だな~。今ならコスプレになるね~。
「あはは。今思えばそうですよね」
お店の人も驚いたでしょ?
「表にあまり出てなかったですけど、内心驚いていたと思います。で、席に着くや否や『自分のなんぼあんねん?』って。貯金のことと思って額を答えると、『何年で返すねん?』って言われて、そこで借金のことだって気づいたくらいです。うふふ」
あはは。
「で、借金はございませんって言うと、苦笑されながら『ソープ舐めんなよ!』って言われたんです」
あはは。コントみたいだね~。
「だた、そこでちょっと言い合いになったんですよね。あと面接という場なので、舐めてます? とは言えなかったので。だから、えっ、お金がないとソープで働けないんですか? って聞いて…」
あはは。なるほどね~。
「ある意味、天然でした。そうしたらそのお店の人が、『いや…、そうじゃないけど、本気か?』って。『会社辞めれるんか?』って言われて。で、辞めますって。売り言葉に買い言葉じゃないですけどね。あはは」
真面目だね~。
「そういったいきさつで入店したんですけど、最初はほんと全然稼げなかったですね。少なくとも今までの勉強はなんの役にも立たなかったですね」
なるほど~。お蕎麦屋の先輩からのレクチャーはどうだったの?
「彼の家でありました。10回目くらいにようやくできた感じですね」
10回ってすごいな~。
「はい。指を入れるのも今なら全然大丈夫なんですけど、最初もう怖くて怖くて。もう、何すんのよぉ~みたいな感じでした」
じゃあ、1日目に失敗してまた次回みたいな?
「そうそう。また次の日トライしたり。徐々に段階を踏んで行きましたね。たぶんイライラしてたと思うんですど、できなかったら日を延ばしてくれて。年上の方で、我慢強かったんだと思いますね」
なるほど~。優しい人だったんだね~。
「私がまな板の上のお蕎麦だったのかな。うふふ。だからか上手くリードしてもらって、エ○チにマイナスイメージは持たなかったです。ただ、エ○チはノーマルそのもの、基本のみで、フ○ラすらなかったので、挿○以外は全てソープで教わりましたね」
お~! メニューが1つしかないお蕎麦屋みたいだね~。
「あはは。そうなんです。そういうこともあって私、次にお付き合いした方ともその流れを踏襲し、同じようなエ○チになりましたね。その結果、ソープで働くようになるまでエ○チで気持ち良いと思ったことは1度もなかったですね。うふふ」
すごいな~。
「男性と付き合うときはそういうものをしないといけないと言うか、女性からの愛情表現はそれなんだって思ってましたね。その頃は仕方ないって言うか、恥ずかしいし気持ち良いっていう記憶は全然ないですね」
ちなみに、一緒にお風呂入ったりは?
「ないです。お店入ってからですね。だからとにかく知りたかったんです。どういうことが行われているのか、業界に入ってからは上手くできないから、なんでそんないみんなは上手にできるのかを。お客様からも『下手!』って言われて、もう悔しくて頑張りたいと思って…」
なるほど~。いろいろあったと。
「はい。もうエ○チが上手くなりたいってその一心でやってました。性の勉強ですね。うふふ」
あはは。ちなみに、初めてのお客さんのことは覚えている?
「覚えてますよ。そのお店の常連さんでした。ほんとに素人だからみたいな感じで付けてくれたんだと思います」
なるほど~。どうだった?
「やはり騎○位とかが上手くできなかったんですけど、そのお客様がいろいろ教えてくれましたね。プレイのことから心構え的なことまで」
ほうほう。心構え?
「お客様からは、『ま~、先は長いから長い目で見て。ソープっていうのは、お客さんはすぐ帰って来ないからね』みたいな。『1年見てあかんかったら、そのときまた辞めるかどうか考えたらいいよ』って言ってくれましたね」
お~! また指導者に恵まれたね~。
「はい。なるほどぉ~って思いました」

【福原から吉原・脳が感じるプレイで満点接客】トップに戻る

Mットはどうだったの?
「それももう教わりながらでしたね」
当然知らなかったんだよね?
「はい。初めて知りました。入店後、お姉さん達から教わったのですが、ほんと上手くいかなかったから5回やってもらったんです。自分でお金払って、毎日やってもらってました。だいたい1回で終わるっていうんですけどね。うふふ」
お~! 真面目だね~。
「お姉さん達が『これじゃあ、お客さん付けれない!』って言うから、じゃあ、明日もお願いしますって…」
ほうほう。合格しないと接客ができないお店だったと?
「いえ。そういうわけではなかったんですけど、たぶんあきらかに私のレベルが低かったんだと思います」
なるほどね~。ちなみに、初めての本指名はどのくらいかかったの?
「3ヵ月くらいかかりましたね。ネットやお店の紹介とかでなかなか返せなかった気がします。福原のお店は吉原と違って早番遅番がはっきり分かれてたり、例えば3人新人が入ると結果が出せてない3人と入れ替わるようになっていて厳しかったですね。ネット指名やお店の推しが定着するようになったのは3年くらいかかったと思います」
お~! サバイバルだったね~。
「あはは。ありがとうございます。でもそこのお店は結局なくなって、それで吉原に移って来たんですけどね」
ほうほう。
「幸いお金もあまり使わず、定期預金に貯金してたので吉原に来れました。使ったと言えば食器くらいでしたからね。あと美術館に行ったり…」
なるほどね~。じゃあ、サバイバルができた秘訣は?
「とにかく経験がなかったので、出勤を頑張りました。お客様が思い立ったときホームページを見て、いつでもいるような女でいたいなぁ~って。『あ、あやめちゃんおるわ。じゃあ、行こっかな!』って感じで、そういう自分の中での努力はしましたね」
お~! 出勤か~。男は1度イク気になったらもうね…。
「それを受け止めてあげるのも愛だと思うんです。うふふ」
お~! いいね~。愛ね~。
「だから、休みを火金に決めたらそれは崩さずにずっとやるとか、あと年ごとにみてお客様が比較的来ない日に休みをとるようにしてましたね」
すごいな~。傾向と対策と。
「あはは。予備校講師してたのが役だったのかな」
うんうん。素晴らしい心構えだよね~。じゃあ、プレイで満点を得るコツはある?
「肌やオチ○チンを触ったりするだけでなく、脳を刺激することだと思うんです。男性も女性も脳で感じるとすごく気持ち良いことをソープランドで初めて学びましたね」
お~! いいね~。でも、脳で感じるにはどうすればいいんだろう?
「そのお客様の趣味趣向に合わせることですね。雰囲気だったり、そのお客様の好きな物って新しい物よりも、もう大人の男性だったらこういうのが好きって決まってるから、それになるべく合わせて行くことですね。例えば、好きな体位だったり、こういう風じゃないといけないとかみんなそれぞれあって、ここが気持ち良いとかそういうのをより高めて行くことですね」
お~! 素晴らしい! じゃあ、お客さんに聞くことも?
「はい。最初に聞きます。初めて会ったお客様だったら、どんなエ○チが好きなの? 』っていう感じで…。じゃないと関東の方は『お任せで』っていう人多いけど、お任せされちゃって、2時間探って、最後『あはは…』ってなるよりかは、やはりなんでも言って欲しいなぁ~って思ってます。最初に聞いて、じゃあ、こういう感じの流れでやろうかぁ~って感じでミーティングしてます。うふふ」
あはは。いいミーティングだね~。
「あはは。例えば、できるだけ何回もイキたいっていうお客様と、1回でいいから長~くいい雰囲気で楽しみたいっていう人とかいろいろいるから、見た目じゃわからないっていうか。しかも、それは相手の女性にもよると思うし、例えば相手が私だから、『いや、今日はそんな気分じゃない、何回でも出してくれ!』とか、馴染みのない初見の女性だったら、『今日はまったりしたいな~』とか。男性もたぶん会ってみて何かあるんじゃないですか。そういう気分がきっと」
なるほどね~。
「だからそれでちょっと話をして、そんな感じをしよっかぁ~って言って。で、その通り行かなくても別に大筋が決まっていれば安心じゃないですか。うふふ」
うんうん。確かに。
「お客様も見ず知らずの女性、得体の知れない女性を前に任せられないですよね。安くない遊びですし」

【エロの脳内革命・キス=エ○チ】トップに戻る

印象に残っている事前ミーティングはある?
「官能小説がとっても好きなお客様で、短編を3つ位用意して来て、『じゃあ、あやめさん、これ読んでください!』って言われて、その間にその方はお風呂に入るんです。なんですけど、その3つの中でどれが出てくるかわからない。で、どれにするか私が決めて、その1つを朗読するんです。すると、『お~、それ来ましたか!』っとか言って、その雰囲気、世界観でやって行くっていう。あはは」
あはは。おもしろいな~。
「その時点で妄想が始まってるようで、お風呂から出るなり、絵筆や舌、オチ○チンで私のカラダをなぞり、小説の内容通りアソコをビショビショに濡らすという…」
お~! 妄想の世界を忠実にと。エロいね~。
「多少違ってても、具現化の行為自体に興奮して来ますね。どんなテクニックより、そのお客様のワールドの中でエ○チを進めて行くことが大事で、それが脳で感じることなんです」
ほうほう。
「私のお客様は、私の攻めを望む方が比較的多いんですけど、『グチャグチャにして欲しい!』とか『何回でも出して欲しい!』とか、それってすごいザックリしてるじゃないですか。だから、じゃあ、こういう感じでしてみよっかぁ~とか、どういうAVが好き? とか話してみて、それかプレイに移行するんです」
なるほどね~。事前ミーティングで脳内プレイをと。
「はい。いろんな提案ができるようにDMMのサンプルはオールジャンル観てますね。うふふ」
あはは。脳への刺激は視覚効果も大事だもんね~。じゃあ、リクエストの多い設定は?
「予備校講師物や義母シリーズ、痴女家庭教師プレイですね。あはは」
お~! エロい設定だね~。
「はい。あはは。60歳以上のお客様が自ら中学生役になってくれてます。その際、お客様はちゃんとした受け答えをしていなくて、私が言うだけの場合が多いですね。でも自主的に脳内でプレイしてくれていて興奮されてるんです」
なるほど~。いいね~。
「なので、そこから周辺事項の前戯だけでイカれたりされるお客様も多いですね。うふふ」
お~!
「例えば巨乳物を望まれるお客様にはBッドに座っていただい、腰を掛けた状態でのパイズリ、お風呂の中でオッパイでの顔洗い、Bッド上リクライニング状態での顔面お乳攻めなど騎○位したままやりますね。うふふ」
お~! エロいね~。爆乳Hカップだもんな~!
「あはは。あとは2○車プレイで、Mの女の子をお客様と共に攻めるときに、遠慮なくアソコをベロベロしてます。うふふ」
お~! すごいね~!
「またお客様がMのときは、女の子と共にフ○ラしたりするんですが、それでイカれる方も多いですね」
お~! Wフ○ラね~! いいね~! じゃあ、逆にあやめさんの好きな攻められ方は?
「私ですかぁ~? うふふ。私、実は乳首が包茎の方の先っぽ並みに敏感なんですよ。だから乳首をフェザータッチでゆっくり舐められるとヤバいですね。あと、キス=エ○チと言っても過言ではないほどキスでトロけます。ねっとりキスされると、舌が乳首になりアソコになり、その先のエ○チが読めるんですね。もうそのときはミーティングなしです! 本能で動いていますね。あはは」

【エロとは無縁だった元予備校講師がソープの世界へ】

【何度も挑戦した初体験・とにかくエ○チが上手になりたい一心】

【福原から吉原・脳が感じるプレイで満点接客】

【エロの脳内革命・キス=エ○チ】

お客さんにメッセージを。
「希望、要望、遠慮せずに何でも言ってください。プレイ時間いっぱい楽しみましょう♪」

[取材後記]
関西出身なこともあってか、ノリもよくとても親しみやすかったです。そして、とてもエロ真面目! エロとは無縁だった元予備校講師がソープの世界へ! もう、それだけでも興奮しちゃいますよね! きっと、様々な荒波を乗り越えて来た実力は生半可なものではないはず。さらに、Hカップの爆乳に加え、豊富なイメージプレイの数々…。当店イチ押しの子も納得できますよね。 [PLAYGIRL/ゴルゴ十三ーJuso Golgoー]

店舗一覧

  • 吉原エコノミー
  • 吉原スタンダード
  • 吉原エグゼクティブ
  • その他の地域