このページの先頭です

PlayGirl

インタビュー

グランプリ

トリンドル玲奈似の清楚清純系美少女! 私を上手に扱ってくれる優しい年上の方、ぜひいっぱい甘やかしに来てください♪

トリンドル玲奈似のハーフっぽい顔立ちをした、清楚清純系の美少女、りこさん。天真爛漫という言葉がピッタリの元気で人懐っこい性格。どうやら末っ子らしく、ついつい甘やかしてしまいたくなってしまう、甘えん坊の妹タイプ。そして、年上の男性が大好きらしく、案内の前は緊張してドキドキしながらも、どんなお客さんに甘えられるのかワクワクしているらしいですよ!

【甘やかしてくれる年上の男性が好き・緊張もするけどワクワクもする】

【気持ち良さそうな姿を見るとたぎる・できることなら服は布団の中で脱ぎたい】

【後ろからされたい・溺愛されたい】


【甘やかしてくれる年上の男性が好き・緊張もするけどワクワクもする】

可愛いね~。 
「あっ、でもたぶん中身がそんなにおしとやかっていう感じではないので、仲いい子達には言われないです。うふふ。でもお客様に言っていただけるので、それは堂々と肯定してます。えへへ」
あはは。いいね~。性格も明るいしね~。
「うふふ。すぐふざけちゃうので」
あはは。お客さんともふざけ合ったりするの?
「あっ、でもお客様といるときは彼氏とか恋人だと思ってるので、甘えたりはすると思うんですけど笑いを取りに行ったりはしないですね。けっこう自由なことのほうが多いです。本当にこのまんまなので、ヘラヘラしているときはすごいヘラヘラしてるので、おしとやかでいなきゃとか作り込んではいないですね」
うんうん。自然体の感じがいいね~。
「うふふ。ありがとうございます」
あはは。芸能人では誰かに似ているって言われる?
「何人か昔の女優さんとかは言われるんですよね。でも『乃木坂46にいそうだね~』とか、『AKB48にいそうだね~』とか、『女子アナにいそうだね~』とか、『お天気キャスターをやってそうだね~』とか、ざっくりした代名詞的なものは言われるんですけど、具体的に誰っていう指定はされないですね」
なるほど~。確かにどれも当てはまっている感じがするよね~。
「うふふ。私もそういうのが好きなので、そういう系が好きなお客様が来てくれると嬉しいですね」
ほうほう。りこさんもアイドル好きと?
「可愛い女の子とかが好きなんですよね。でも昔の女優さんとかも好きなんですよ。だから同世代の男の子とかとあんまり話が合わないタイプなので、年上の男性と話しているほうが楽です。うふふ」
なるほど~。例えばどんな女優さんが好き?
「女優さんだと、加賀まりこさんとかわかりますかぁ~?」
あはは。わかるけど…。
「加賀まりこさんがすごい憧れで、あとは萬田久子さんはわかります?」
うんうん。
「すごい好きなんですよ。師匠だと思っていて、加賀まりこさんは今ももちろん素敵なんですけど、『月曜日のユカ』っていう映画をやっていたくらいのときがすごい好きで、それからけっこう好きです。だから同世代に言ったところであまり響かないんです。うふふ」
あはは。なるほど~。松田聖子くらいかと思ったらさらに上と。
「上行っちゃいましたねぇ~。うふふ」
あはは。でもどうしてそんな大女優が好きなの?
「こう見えて映画とか小説とかがすごい好きなんですよ。同世代とウェイウェイしない代わりに1人遊びが好きなので、本を読んだりとか映画を観ている中で、昔の映画とかを観るようになって、その影響だと思います」
お~! それは年上の人と話が合うね~。
「そういうのが好きなお客様だと合いますね。お客様はけっこう年齢層が高い方が多いので、ウェイウェイしているよりかはそういう話で盛り上がったりできるので楽しいですね」
なるほどね~。実際、どのくらいの年代のお客さんが多い?
「50代くらいの方が多いですかね。20代の方はまだお会いしたことがないので、若くても30代前半くらいですかね」
ほうほう。もともと年上の男性好き?
「もともと10個とか20個とか上の人としかお付き合いしたことがないんですよね。逆に同世代と付き合ったことがないので、ここでお客様と一緒にすごしていても違和感がないんです。うふふ」
お~! すごいね~。じゃあ、りこさんにとって年上の魅力とは?
「張り合わないところ。うふふ。同じ土俵にいるのが苦手なんです。私は末っ子なんですよ。ザ・末っ子なので男性には高みの見物をしてもらえたほうが楽なんですよね。『そうなんだぁ~、はいはい』って言ってくれてたほうが甘えやすいし、『可愛いね~、可愛いね~、いい子だね~、いい子だね~』って言われてたいんです。同い年の子達ってそういう風にはならないじゃないですか。だから歳上の人達に逃げてました。あはは」
あはは。なるほど~。甘えん坊と。
「甘えるタイプですね。逆に甘えられてもどうしていいのかわからないんです。すごい仲良くなって好きになったら、甘えられても可愛いなぁ~って思えるんですけど、最初から甘えるタイプの人だとどうしていいのかわからないので自分から甘えて行きたいです。うふふ」
あはは。なるほどね~。ちなみに、お客さんには緊張しない?
「緊張はします。すごいしてるんですけど、どっちかと言うとワクワクしてます。どんな人なんだろうなぁ~みたいな。マイナスな気分での緊張ではないですね」
お~! いいね~。じゃあ、すぐに甘えられる?
「あぁ~、でもお客様によるかなぁ…。大丈夫かなって思ったら、わぁ~って行けるんですけど、やっぱりまだそんなに慣れてないのでお客様を見て、行っていいかなぁ~って様子を見てますね。うふふ」
あはは。いいね~。ちなみに、入店してどのくらい?
「1ヵ月半くらいですかね。(取材時)なので緊張は全然しますし、すごいミスったり、わたわたするんですけど、それを『いいよ、大丈夫だよ』って言われてたいですね。うふふ」
あはは。なるほどね~。
「それこそボディーソープを出すときとか声に出して数えちゃうんですよ。そういうのとかで笑ってくれるお客様だと仲良くなれます。『何やっているのあいつ!』って思われちゃうと、たぶん仲良くなれないから温かい目で見て欲しいです。あはは」
あはは。ちなみにボディーソープは何回プッシュするの?
「15プッシュです。うふふ」
15! 多いね~!
「全部お客様に教えていただいて、『10プッシュから20プッシュだとやりやすいよ』って言われたので、間をとって15プッシュです。忠実に教えを守ってます。うふふ」
あはは。なるほどね~。確かに15回なら数えないとね~。
「そうですね。あとは忘れちゃったり、抜けちゃうことがあったりすると、あぁ~、だめだぁ~、こっちだったぁ~みたいな感じでお部屋の中をバタバタしてることはよくありますね。うふふ」
あはは。そういうのもまた可愛いんだろうな~。
「うん。そう言っていただけると安心できます。うふふ」
あはは。慣れては来た?
「でもまだ何を自分に求めていただいているのかとか、何を期待していただいているのかがわからないときがあるので、まだまだだなぁ~って思います。まだそこまで察せていないんですよね。途中くらいになってから、こういう感じがよかったんだなぁ~とか気付いたりするので、もうちょっとそれが早くわかるようになれればいいんですけどね」

【気持ち良さそうな姿を見るとたぎる・できることなら服は布団の中で脱ぎたい】トップに戻る

サービスの流れは?
「流れは全く決まってないです。ベースは教えていただいたんですけど、お客様によってはこういうお店だっていうのを全く忘れたいっていう方もいるので、そういう方の場合は、これをこうやってぇ~っていうのは飛ばすようにしてます。ここはラブホだと思うようにしています。うふふ」
お~! 恋人と一緒にすごしているような感じと。
「そうですね。8割9割くらいはそういうのが好きなお客様が来てくださるので、私も変に作らずに自然体でやってますね」
なるほど~。じゃあ、受け身のほうが多い?
「あぁ~、でももともと相手の方の反応を見るのも好きなので、私からやることも全然あります」
ほうほう。好きな攻めは?
「フ○ラですね。うふふ。反応がダイレクトにわかるじゃないですか。あっ、気持ち良いんだなぁ~っていうのがわかると、たぎる。あはは」
あはは。たぎるっていいね~。
「うふふ。気持ちが上がりますねぇ~。それこそSの人とかプロのお姉さんのような攻め方はできないんですけど、反応が見たくて楽しんでやってます」
いいね~。フ○ラは褒めらる?
「言われるんですけど、最初の期待値がたぶん低いので思っていたよりは…、っていう感じだと思うんですけど、でもやっぱり褒めてもらえると素直に嬉しいですね。『本当に好きなんだね~』って言ってもらえるので、そうですよぉ~って。うふふ。本当に舐めるのは好きなので」
お~! いいね~。じゃあ、エ○チになると変わる?
「雰囲気が変わるとは言われます。ベースがヘラヘラしてるので、濃厚な大人の女性…、って言うよりかは本当にプライベートな感じに近いと思います。でも普段ヘラヘラしてるぶん、いざそうなるとさっきまで笑い合っていたのにって思って照れ臭くなるじゃないですか。そういう恥ずかしさとか照れみたいなものがあるから雰囲気は変わると思います。うふふ」
あはは。確かに照れくさいよね~。
「あとは普通にカラダを見られるのも恥ずかしいです。カラダをダイレクトに見られることって普段ないじゃないですか?」
あはは。なるほど~。
「普通はBッドの中で脱ぐじゃないですか。全裸をガッツリとバ~ンと見せることはないじゃないですか。それはまだ慣れないです。お布団、お布団って思うから。うふふ」
あはは。なるほどね~。できることなら布団の中で脱ぎたいと。
「そう。お布団の中で脱ぎたいので、ちょっとまだお布団~って思いますね。うふふ」
あはは。じゃあ、まだ服を脱ぐのも恥ずかしいと。
「うん。恥ずかしい。だから隠しちゃうときもあるし…、でももう開き直ってるときもありますね。テンションが高いお客様のときとかは開き直ってるときもあるけど、逆にエロティックな感じのおじ様のときは見ないでぇ~ってなりますね。うふふ」
あはは。いいね~。ちなみに、今着ているワンピースは接客着?
「そうです。これかもう1着あります。『普段着てるのでいいよ』ってお店の人には言われるので、普段着てるのを季節を先取りして着てます。うふふ」
あはは。お洒落だよね~。花柄の清楚な感じのワンピースが似合うよね~。
「こういうのが好きなんです。女の子っていう感じの服が好きなんです。顔立ちも背も大人っぽい綺麗系っていう雰囲気じゃないから、可愛く女の子っぽい服とかが多いです」
なるほど~。でも、ハーフっぽいって言われない?
「入ってます。でも8分の1なので、片足の膝から先くらいしか入っていないですけど。うふふ」
あはは。なるほど~。ちなみに、トリンドル玲奈に似てるって言われない?
「あっ、それ全盛期だったときに言っていただいてました。最近は言われないから、もう時代が終わったなぁ~って思ってたんです。うふふ」
あはは。最近テレビで観ることが少なくなったからかもね~。
「えっ、本当ですかぁ~? 嬉しい嬉しい。すごい嬉しい。最近言われた似てる芸能人の中で1番嬉しいです」
うんうん。そっくりだと思うな~。ハーフ系の顔立ちに、花柄のワンピースがすごい似合っているしね~。
「うふふ。ありがとうございます」
いいね~。ほかに褒められることは?
「お尻とくびれとかですかね。オッパイがバ~ンとか、すごい背が高いとかではないので、脱ぐと意外といいねぇ~みたいな褒められ方をすることがありますね。うふふ」
お~! いいね~。お尻はどんな感じ?
「すごい大きいわけではないんですけど、どっちかと言うとカラダに対しては大きいんだと思います。カラダにそんなに筋肉が付いていないので、重力に逆らおうと思って最近はストレッチとか筋トレをしてヒップアップをしてます。うふふ」
ほうほう。偉いね~。
「褒めてもらえると、いえ~いってなります。『いいお尻だね~』って言われると、いえ~いって。あはは」
あはは。全体的にスレンダーだよね~。
「そうですね。背が低いので、太ったらおしまいだなっていう圧をすごい感じてるので、絶対に太らないようにしてます。うふふ」
なるほどね~。あとは色白だし綺麗な肌をしているよね~。
「皮膚が薄いので肌は弱いんですけど、日焼けはしないようにしてます。日に焼けると少年ぽくなっちゃうじゃないですか。だから日焼けは絶対にしないですね。うふふ」

【後ろからされたい・溺愛されたい】トップに戻る

どんな風に攻められたい?
「やっさっしぃ~やつ。やっさっしぃ~やつだと、私自身、お店の女の子だからっていう感じじゃなくて、普通の女の子として扱ってくれてるなぁ~っていう気持ちになれるんですよ。だからそう思うと自分の中でも没頭できると言うか、入れるんですよね。あとは基本舐められるのが好きです。粗雑にっていうよりはもう優しく。私のことを彼女だと思ってくれぇ~って思ってるので。うふふ」
あはは。いいね~。じゃあ、全身舐められたい?
「そうですね。背中とか不意打ちでされると、背中も来るんか~いみたいな感じになります。うふふ。基本的に後ろから攻められるのが好きなので、そういうときとかに背中とかを舐められると、お~ってなりますね」
ほうほう。背後が好きと。
「そう。後ろからが好きです。体位も後ろからが好きなんですよね。うふふ」
なるほど~。なんで後ろがいいんだろう?
「支配されている感…? Mじゃないはずなんですけど、守られてる感と同時に支配されてる感を感じるっていう。その感じがちょうどいいんですよね」
ほうほう。なるほど~。ちなみに、くすぐったい部分は?
「基本的には耳とか首筋は普通に笑っちゃうので、雰囲気を壊しちゃうのですみませんって感じです。はぁ~って笑っちゃうので、止めといたほうがいいですね。あはは」
あはは。脇の下は大丈夫?
「あぁ~、大丈夫かもしれないです。恥ずかしいんですけどね。お部屋が明るいも恥ずかしいので。うふふ」
あはは。なるほど~。
「そんな煌々とした明かりの中でエ○チをすることってそんなにないじゃないですか。だいたいホテルとかでも電気を消して寝る振りをするじゃないですか。寝るっしょ? っていう空気の中で、でも寝るのはなぁ…、っていう感じで始まるじゃないですか。煌々と明るい中ってなかったなぁ~って」
うんうん。寝ると見せかけて布団の中でイチャイチャしてたら…、みたいなと。
「あっ、そうそう。反応しちゃたよぉ~とかテンション上がっちゃったぁ~みたいな感じじゃないですか。だから明るい中で脱がし合って、見られてってなるといまだに固まりますね。うふふ」
あはは。でも、1回戦が終わると平気になる?
「あっ、そうです、そうです、本当に。1回打ち解けるところまで打ち解けると、けっこうグイグイ行けるんです。2回戦目となると、わりと自分から恥ずかしがることなく行けるかなぁ…」
なるほどね~。ちなみに、前戯ではイッちゃうことは?
「1回イクとそのあとがくすぐったくなっちゃったり、イケなくなっちゃったりするから、すごい堪えます。でも、『イッて大丈夫だよ』って言われたらイクことは全然ありますね。うふふ」
ほうほう。
「敏感なタイプなので、お客様よりも先にイッちゃうと動けなくなったり、力が抜けちゃったりして、普通にBッドから落ちちゃったりするんです。ズザ~ってなったりしちゃうから、そういうのを加味して、雰囲気に合わせて我慢するときもあれば、堪えられないときもあるしっていうそんな感じです。うふふ」
なるほどね~。じゃあ、弱いことは?
「私はすごいオッパイが弱いんですよ。だからオッパイを攻められながら下を舐められてると、けっこうやばいときがあります。体勢によっては力を逃せない体勢ってあるじゃないですか。そういう体勢だと分散できないから、そういうのはやばい…。うふふ」
あはは。ク○ニとオッパイとかね。
「そう。好きです。好き…。しみじみと…。うふふ」
あはは。じゃあ、正○位でオッパイを舐められるのもいいね。
「あぁ~、好きです。それこそバ○クのときとかも後ろから胸を掴まれてるのも好きですし、正○位のときに胸を舐められてるのも好きですね。やばいってなります。ううふ」
あはは。いいね~。で、1番好きな体位はバ○クと?
「寝バ○クです。うふふ。なんか1番距離が近い気がして。寝バ○クの状態で手を繋いでいるのが好きです」
なるほど~。普通のバ○クは離れちゃうからね~。
「そうなんですよ。密着してる感じが好きです。騎○位はたぶんそんなに動きが滑らかじゃないと思うので、体勢は騎○位だけど下から突いてもらえるのが好きです。抱き付いてる感じだったら私がイクこともあります」
ほうほう。ナカイキもすると。
「ありますねぇ~。それは正○位でもバ○クでも全然あります」
いいね~。じゃあ、お客さんと一緒にイケることも?
「ギリギリまで堪えてるので、『イクよ!』って言われたら、自分も堪えていたのを止めて一緒にイクこともあります。すごい華麗にタイミングを合わせることはできないですけどね。うふふ」
あはは。でも一緒にイケるときもあると。
「あります、あります。相性がいいお客様とかだと」
なるほど~。どんなお客さんが相性がいいと思う?
「え~、どうだろう…。なんか優しい方? どんな意味でも優しい方。すごい溺愛してくれる方か、遊び慣れてて女の子の扱いをわかってくれてる方とか、そのどっちかのお客様は相性がいいことが多いと思います」
お~! 溺愛ってすごいな~。頭を撫で撫でしてくれたり?
「あぁ~、頭は基本撫でて欲しいです。うふふ。『りこちゃん、りこちゃん』って言ってくださるタイプのお客様か、扱いわかってるなぁ~っていう方か。どっちも私のテンションを上げてくれるので…、私が単純なので。えへへ。上手く扱って欲しいですね。うふふ」

【甘やかしてくれる年上の男性が好き・緊張もするけどワクワクもする】

【気持ち良さそうな姿を見るとたぎる・できることなら服は布団の中で脱ぎたい】

【後ろからされたい・溺愛されたい】

お客さんにメッセージを。
「私を上手に扱ってくれる優しい方、甘やかしに来てください♪」

[PLAYGIRL/スープ]

店舗一覧

  • 吉原エコノミー
  • 吉原スタンダード
  • 吉原エグゼクティブ
  • その他の地域